妊娠を望む女性へ告ぐ~不妊治療や検査の前に栄養素を摂取~

医者

子供を授かった時

川崎の産婦人科をお探しなのであれば、クチコミサイトが便利です。先生のキャリアや人気の理由を知ることができます。今後もいつお世話になるかわからないので、ぜひ一度ホームページで探してみる事をおすすめします。

もっと知ろう

もうすぐ赤ちゃんに会える

臨月になると様々なマイナートラブルが体に現れますが、それも出産が近いということです。臨月になれば散歩やおっぱいマッサージ、会陰マッサージなども無理ない範囲でできます。

もっと知ろう

妊娠中に必要な栄養素

妊娠中は胎児を育てるために、通常よりもカルシウムが必要となります。身体の中のカルシウムが足りなくなると、妊婦の骨や歯から使用するため、骨が脆くなります。このため、カルシウムを摂取することが大切です。

もっと知ろう

子宝を授かりたい

妊活しても妊娠できないときは不妊の可能性があります。不妊治療の検査は病院で行なえます。原因を特定して症状改善を目指しましょう。

男性不妊の疑いがある方はこちらで検査を受けることができますよ。早期発見で治療にも早くとりかかることができますよ。

不妊のしくみ

健康な男女が結婚し、順調な結婚生活を送っているにも関わらず、子宝に恵まれない。その期間が二年を越えると、不妊とされ、不妊治療の対象となる。最近では、その期間を一年とする説も出てきている。一概に不妊と言っても、その理由は様々で、男性に原因がある男性不妊、女性に原因がある女性不妊、そして双方の相性が問題となって起こる不妊もある。それらの原因を究明するためには、いくつかの検査をしなければならない。その検査の結果ごとに今後の不妊治療の方針が決まる為だ。昔から不妊というと、女性が原因だと決めつけられてきた。何故なら、不妊治療や検査に消極的な男性が多いからだ。女性に原因がないとわかって初めて検査に行き不妊治療を開始する。これでは、お金と時間のロスだと感じる。もっと夫婦一丸となって取り組むべきなのだ。

ファーストステップ

不妊かなと感じたら、まずは婦人科に行こう。大都市であれば、産婦人科と分かれており、不妊専門外来なども多い。病院に行く前にまずは、基礎体温をつけていこう。最低でも1ヶ月、3ヶ月分あると尚良いだろう。この基礎体温は、不妊治療を受ける上で最も重要なものといえる。人の体はホルモンで機能している。女性の体は、正常ならば一月のうちに、排卵し、月経が来る。このサイクルの乱れも体温の上昇値によって、全て分かってしまうからだ。 基礎体温表を持って、婦人科を受診したら、次に行う検査は人によって異なる。基礎体温表が綺麗な二層に分かれていれば、タイミング指導だけで妊娠する軽いケースもある。基礎体温が二層に分かれず、月経はある場合、排卵障害が疑われ、ホルモン検査や卵管造影などが行われる。女性側に問題がない場合、性行後検査や精液検査を行い、精子の動きを見る。実に様々な検査を行い、その人に合った不妊治療を施してくれる。

出産で失敗したくないという方は葉酸サプリを摂取するのも1つの選択肢ですよ。興味があるならまずはサイトを要チェック。

不妊の鍼灸院を探しているのであれば、こちらのクリニックをチェックしてみましょう。あなたの妊活を強力サポートしてくれるクリニックです。